ヒトの遺伝子

ヒトゲノムとはこの用語は科学や医学でどのくらい使用されていますか。また、今日この概念が重要なのはなぜですか。

ヒトゲノム - ヒトの細胞に封入された一連の遺伝物質。それは23対の染色体から成ります。

遺伝子はDNAの別々の部分です。それらのそれぞれは、身長、目の色など、体の一部の徴候や部分に責任があります。

科学者がDNAに記録された情報を完全に「解読」することに成功すると、人々は受け継がれているこれらの病気を撃退することができます。さらに、老化の問題を解決することも可能かもしれません。

以前は、私たちの体の中の遺伝子の数は10万以上あると信じられていました。しかし、最近の国際的な研究により、私たちの体には約28,000の遺伝子があることが確認されています。今日までに、それらのうちの数千しか調査されていません。

遺伝子は染色体全体に偏在しています。それがなぜそうなのか - 科学者たちはまだ知らない。

体の細胞は常にDNAに書かれている情報を読みました。彼らのそれぞれはその仕事をします:それは体を通して酸素を運びます、そしてウィルスとバクテリアを破壊します。

しかし、特別な細胞があります - 性。男性では精子、女性では卵細胞です。それらは46の染色体を含んでいません、正確に半分 - 23を含みます。

性細胞が融合すると、染色体のフルセットが新しい生物に現れます。半分は父親から、もう半分は母親からです。

子供たちがそれぞれの両親とやや似ているのはそのためです。

通常、いくつかの遺伝子が同じ形質に関与しています。例えば、私たちの成長は16単位のDNAに依存しています。同時に、いくつかの遺伝子は一度にいくつかの徴候に影響を及ぼします(例えば、赤髪の保有者は薄い肌のトーンとそばかすを持っています)。

人間の目の色は2つの遺伝子によって決定され、茶色の目の原因となるものが支配的です。これは、彼が他の遺伝子との「出会い」に現れる可能性が高いことを意味します。

したがって、茶色の目の父親と青い目の母親の赤ちゃんは、目が茶色になる可能性があります。黒髪、太い眉毛、頬やあごのくぼみ - 優勢な兆候も。

しかし、青い目の原因となる遺伝子は劣性です。両方の親がそれらを持っているならば、そのような遺伝子はそれほど頻繁に現れません。

私たちは今、あなたがヒトゲノムが何であるかを知っていることを願っています。もちろん、科学はすぐにこの分野の新しい発見に私たちを驚かせるかもしれません。しかし、これは将来の問題です。

Loading...