動物の家畜化

動物の家畜化は、とりわけ古代の人々の物語です。しかし、私たちにとってこのトピックは科学の観点からも興味深くそして有用です。私達は動物の家畜化の簡単な歴史に精通するためにあなたを提供します。

家畜と家畜の間には大きな違いがあります。ある程度、捕獲された野生動物はいつでも飼い慣らすことができます。

飼育下で生まれ育ったペットは、野生の祖先とは大きく異なります。彼らはより大きくて、しかし丈夫でなく、彼らは容易に繁殖する傾向があります、しかし野生生物の過酷な条件で生き残ることができません。

家畜化の歴史

狩猟中に習得したスキルを使用して、農業の発展と同時に、男性は肉、牛乳、羊毛、および皮のための家畜化および動物の繁殖方法を探していました。

その後、人々は強制的な力や群れの保護など、他の目的にもペットを使うことを学びました。

古代の人々がどのように野生動物を飼っているのか、いまだに誰も知りません。たぶん、若者は彼らの母親が狩りで殺されたときに連れて行かれました。

飼いならされた動物は役に立ちました:彼らは獲物を追跡するために狩猟に使用されました、彼らは小さなげっ歯類を破壊し、羊毛と牛乳を与え、そして人々が長距離を移動して重い荷物を運ぶのを助けました。しかし、飼いならすこと - 飼い慣らすことを意味するのではありません。

家畜化のためには、飼育動物が子孫を産むことが必要です。それから初めてあなたは選択をすることができてもはや飼い慣らされたものではなく本物のペットを得ることができます。しかしこの目的のためには、人間にとって、そして何世紀にもわたって最も価値のある財産を持つ個人を保護することが必要でした。

家畜化の条件(家畜化)が考古学的に日付をつけられることができる種は、およそ8000と2500の間の間隔で家畜化されました。紀元前e。すなわち、それは座りがちな農業および牧歌的な社会の存在の最初の数千年間に起こりました。

1匹目は、明らかに、野生の祖先がオオカミだった犬(15〜1、000年前)によって飼いならされました。

それから85000年前に北アフリカとインドの牛が栽培されました。

およそ8千年前、南西アジアでは、ヤギとヒツジが飼育されていました。その祖先は、あごひげを生やしたヤギとアジアのムフロンでした。同時に、豚は中国と同じ場所で家畜化されました。

鶏は約7,500年前に南アジアで飼育されていました。

馬は紀元前4000年に飼いならされました。 e。ヨーロッパで。これを証明するのは、ウクライナの考古学者によって発見された、角のある痕跡のある馬のあごです。すぐに馬が戦争で重要な役割を果たし始めました。

ギクスが紀元前1700年頃に古代エジプトを掌握した可能性があります。つまり、エジプト人が知らない馬や戦車が自由に使えるからです。

片頭ラクダは紀元前約25万5000年前の北アフガニスタンで飼育されていました。 e。

アメリカでは、ラマは紀元前3000年に家畜化されました。 e、そして紀元前2000年のモルモット。 e。彼女はペットに変身するずっと前から肉を食べさせられた。

牛と羊 - 草食動物を飼うことが最も簡単で安かった。主なものは彼らに食べ物を見つけることでした。ラクダとヤギは彼らが遭遇したほとんどすべてを食べることができたので観察を必要としました。乾草や穀物など、馬にはおいしい食べ物が必要でした。彼らは牛よりも高価だった。

家畜化を成功させるためには、動物の行動を考慮に入れる必要がありました。興奮しやすい気質を持つ動物は、パニックに陥ったときはいつでも逃げ出そうとするため、捕われの身を保つのは困難です。

ウマはシマウマより飼い慣れていました、そして、ヒツジとブタはアンテロープとシカより静かでした。動物の家畜化を成功させるためには、種が社会的集団を作り出す傾向があるかどうかを知ることが重要です。

したがって、家畜の野生の祖先が階層構造を持つ集団で暮らしてリーダーに従うのであれば、彼らがその人に従うのは簡単でした。

現代の家畜の野生祖先の多くは今日まで生きていません。家畜の最後の野生の祖先 - バイソンは、1627年に殺された

野生のツバメラクダとヤクは今絶滅の危機に瀕しています。野生のアルパカは自然界にはまったく存在していませんでしたが、ラマと野生のビクーニャが自然に交差した結果として生まれました。

興味深い事実は、家畜の様々な種類の代表が野生に戻ったときに死亡したということです。結局のところ、家畜化によって彼らは、進化論的な選択が行われ、最強の敗北者だけが行われた過酷な現実に抵抗することができなくなりました。

ウルムのいわゆる標準 - ウールのシュメールの街にある真珠と貝の母がはめ込まれた王家の墓プレート - は、支配者への贈り物や虐殺への贈り物として、動物をリードする人々を描いています。写真は、紀元前3世紀になるまで、どの動物がシュメール人によって飼育されていたかを示しています。 e。

猫と犬の家畜化

捕食動物のすべての種のうち、2つを識別することができ、それらは世界中に広く分布しています - 猫と犬。犬が1万2000匹を飼育したという証拠があります。メソポタミアでは何年も前、北米では11000年前です。

ほとんどの場合、犬はオオカミの子孫であり、犬種の多様性は世界のさまざまな地域の人々が独立して異なるオオカミの亜種を飼育していたという事実によって説明されています。

古代の人々がオオカミを飼いならしたとき、人は推測することしかできません。飼い慣らされたカブの中で、人間や他の家畜と共存する能力、服従、知性、そして攻撃性の度合いの低さなどの理由で個人が選ばれたことは間違いありません。

人間と猫の関係は、彼らが7000年前に中東の集落で発見されたラットとマウスを捜し始めた時から始まりました。

男は猫を励まし、長い間彼らは近くに住んでいました。彼らはおよそ4500年前に古代エジプトで猫を飼いならし、彼らを宗教的カルトの主題としていました。

しかしそれでも、その人の近くに住む飼い猫は、その独立性を保っています。この場合、猫は飼い主をはるかに強い相手から守ることがよくあります。例えば、この事件は猫が子供の命を救ったとして知られています。

家畜の主な日付

紀元前

イベント

10 000中東では、犬は飼いならされています。
8000アジアでは、山羊や羊が家畜化されています。それからブタは飼いならされた。
6500アジアやアフリカでは、飼いならされた牛。
5500鶏は東南アジアで飼育されています。
4000ヨーロッパでは、馬を飼いならした。
3000南アメリカでは、ラマを調教しました。
2500中央アジアでは、飼いならされたラクダ。
2400古代エジプトでは、飼い慣らされ、神格化された猫。

Loading...